大麻成分CBD、食中毒の原因菌「サルモネラ」に対し抗菌作用を示す

大麻成分CBD、食中毒の原因菌「サルモネラ」に対し抗菌作用を示す

- アメリカの基礎研究

30℃を超える連日の猛暑。この真夏の時期に気をつけなければならないことの1つとして「食中毒」が挙げられます。

食中毒の原因となる菌やウイルスにはカンピロバクターや黄色ブドウ球菌、腸管出血性大腸菌(0-157)などがありますが、サルモネラ属菌もそのうちの1つに該当します。

サルモネラ属菌は2000種類以上存在し、その中で食中毒を引き起こすものとしてよく知られているのはサルモネラエンテリティディス(腸炎菌)とサルモネラティフィムリウム(ネズミチフス菌)です。これらのサルモネラ菌は鶏卵や加熱不十分な食肉(鶏、牛、豚など)、犬や猫、ミドリガメなどにも存在します。

2022年4月、そんなサルモネラ属菌のうちサルモネラティフィムリウムとサルモネラニューイントンに対し、大麻成分CBD(カンナビジオール)が有効性を示したことがアメリカの研究者らにより報告されました。

これら2つのサルモネラ菌に対しCBDオイルを使用した結果、用量依存的に抗菌活性を示し、細菌の増殖を抑制する効果が認められました。この抗菌活性はペニシリン系抗菌薬であるアンピシリンと同等であることも示されました。

また、このCBDの抗菌作用はサルモネラ菌の細胞膜を破壊することによりもたらされた可能性があるとしています。加えてCBDはサルモネラティフィムリウムが形成するバイオフィルムにも有効であることが示されました。

※バイオフィルムとは

細菌の集合体であり、加えてそれぞれの細菌が多糖類を分泌することにより膜を形成した状態。水場のヌメリなどもバイオフィルムの一種。バイオフィルムが形成されると消毒薬や抗生剤の効果が妨害され、感染症治療において問題となる。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

カンナビノイドとアセテート化合物

ポートランド州立大学のロバート・ストロンギン博士と共にプロジェクトに取り組んでいる博士課程学生カエラス・マンガーらが2022年5月に発表した新しい研究によると、カンナビノイドアセテート...