"ハイ"にしない大麻成分が、新型コロナウイルスの予防・治療に有効な可能性

”ハイ”にしない大麻成分が、新型コロナウイルスの予防・治療に有効な可能性

2022年4月4日、精神活性作用をもたないカンナビノイドが新型コロナウイルスの侵入と複製を阻害する可能性を示した論文が、エジプトの研究者らにより公開されました。

この研究はin silico(コンピューターの中における)スクリーニングによるものです。化合物の情報をデーターベース化し、コンピューター上で仮想実験を行うことで、治療薬として優れた性質をもつ化合物を割り出すという研究です。

今回の研究では、新型コロナウイルスが体内に侵入する際に結合するACE2受容体と、ウイルスが体内で複製される際に関わる酵素であるメインプロテアーゼに対するカンナビノイドの有効性をスクリーニングしています。スクリーニングの対象となったのは、精神活性作用を有するTHC(テトラヒドロカンナビノール)を除いた、29種類のカンナビノイドでした。

その結果、ACE2受容体に対し最も高い親和性(新型コロナウイルスの侵入阻害作用)が認められたのはCBGA(カンナビゲロール酸)でした。次いでCBG(カンナビゲロール)、CBGAモノメチルエーテル、CBGVA(カンナビゲロバリン酸)、CBC(カンナビクロメン)、cannabifuran(カンナビフラン)に高い親和性が認められました。

メインプロテアーゼに対しては、canniprene(カンニプレン)が最も高い親和性(新型コロナウイルスの複製阻害作用)を示しました。CBGAモノメチルエーテル、CBC、CBGA、CBN(カンナビノール)メチルエーテル、cannflavin B(カンフラビンB)、CBND(カンナビノジオール)、CBNA(カンナビノール酸)にもやや高い親和性が認められました。

ACE2受容体とメインプロテアーゼの両方に対し親和性(ウイルスの侵入と複製を阻害する作用)を有していたのは、CBGA、CBGAモノメチルエーテル、CBCでした。

またこの研究ではSwissADMEを使った薬物動態の予測も行われました。その結果、最も高いウイルス複製阻害作用を示したカンニプレンに、優れた薬物動態プロファイルが認められました。このことから、カンニプレンは新型コロナウイルスの経口治療薬として有望な可能性があると研究者らは述べています。

※canniprene(カンニプレン)とは

大麻草のリーフ部分からとれる成分。抗炎症作用が示されている研究論文はあるが、ほとんど研究はされていない。

さらにCBGAやCBGに高いウイルス侵入阻害作用が認められたことから、これらのカンナビノイドを用いたうがい薬・洗口液や点鼻薬は、新型コロナウイルス感染の予防として有効な可能性があるとしています。

今年1月には米オレゴン州立大学の研究者らにより、CBGAとCBDAが新型コロナウイルスの感染を予防する可能性を示した論文が公開されています。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...