大麻の研究論文、過去20年間で急増

大麻の学術論文、過去20年間で激増

2022年5月25日、大麻やカンナビノイドの研究に関する学術論文の統計的分析を行った論文が、カナダの研究者らにより公開されました。

この研究では世界最大級の抄録・引用文献データベースである「Scopus」が使用され、「cannabi」「hashish」「marijuana」「marihuana」といった検索ワードで検出された論文を対象とし、分析が行われました。

1829年から2021年までの間で、合計29802件の論文が公開されていました。年ごとの論文数は1960年代以降より増加傾向であり、最も多かったのは2020年でした(※この研究は2021年4月に行われており、年ごとの論文数に関しては2021年分は集計されていません)。10年単位でみると2010年代が最も多く、ここ20年間で急増していることも明らかとなりました。

「A bibliometric analysis of the cannabis and cannabinoid research literature」より引用

最も多い大麻の研究分野は医学(57.5%)で、次いで薬理学(28.9%)、生化学・遺伝学・生物分子学(19.6%)でした。

大麻の研究論文数が多かった国は、アメリカ(41.7%)、イギリス(7.5%)、カナダ(6.9%)でした。

研究の資金を提供した団体として多かったのは、米国立衛生研究所(19.6%)、米国保健福祉省(19.4%)、米国立薬物乱用研究所(14.7%)でした。

なお別の調査では、2000年から2018年の間に大麻の研究費用として15億ドル以上の資金提供が行われていたことが報告されました。国別の研究資金はアメリカが14億ドル以上で最も多く、次いでイギリスが約3990万ドル、カナダが約3610万ドルとなっていました。

この別の調査結果を考慮すると、ここ20年間の大麻の研究に関する学術論文の増加は資金提供による部分も大きいだろうと、研究者らは述べています。

一方、日本では大麻取締法において、医薬品開発を目的とした大麻の臨床試験は現時点で認められていません。

大麻取締法違反による検挙者数は8年間連続で増加し続けています。「大麻使用罪」の創設に向けた審議も今年5月25日から本格的に開始されました。この法案が可決されれば検挙者数がさらに増加することが予想され、同時により多くの資金が必要となるでしょう。

大麻の研究のために資金を拠出するアメリカ。
大麻の検挙のために資金を拠出する日本。

明るい未来は、果たしてどちらにあるのでしょうか。

廣橋 大

精神病院に勤める現役看護師。2021年初頭より大麻使用罪造設に向けた動きが出たことをきっかけに、麻に関する情報発信をするようになる。「Smoker’s Story Project」インタビュアー。

Recent Articles

マリノールとは?

この記事では、大麻由来医薬品であるマリノール(ドロナビノール)についてお話していきます。 現時点で日本では承認されておらず、治験の予定もありません。 この記事は主にFDA(アメリカ食...

セサメットとは?

この記事では、大麻由来医薬品であるセサメット(ナビロン)についてお話します。 日本では承認されておらず、治験の予定もありません。 以下の内容は主にFDA(アメリカ食品医薬品局)の文書を...

サティベックスとは?

この記事では、大麻由来医薬品の1つであるサティベックス(ナビキシモルス)についてお話していきます。 サティベックスは現時点で日本では承認されておらず、治験の予定もありません。 なお、こ...

がん患者が医療用大麻を求める理由とは?

2022年6月3日、ニューヨーク市にあるメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターの医療用大麻クリニックに初診で訪れた患者に対し医療用大麻に興味を持った理由や経験を調査した論文が、...