厚生労働委員会での大麻取締法改正・大麻由来医薬品についての答弁

厚生労働委員会での大麻取締法改正・大麻由来医薬品についての答弁

/

4月26日、参議院 厚生労働委員会において、自民党・藤井基之議員から大麻取締法改正についての質問、公明党・秋野公造議員から大麻由来医薬品エピディオレックスの治験及び大麻取締法改正についての質問がありました。

藤井基之議員の大麻取締法改正についての質問

回答:厚生労働省 医薬・生活衛生局 鎌田光明 局長

「大麻取締法改正を視野に入れて迅速に検討を進めて参りたいと考えています。」

藤井議員の質問及び回答「国会中継 厚生労働委員会(2022/04/26)」

秋野公造議員による大麻由来のてんかん治療薬エピディオレックス及び大麻取締法改正についての質問

回答:厚生労働省 医薬・生活衛生局 鎌田光明 局長

「大麻由来の抗てんかん薬エピディオレックスにつきましては、重度のてんかん症候群患者を対象に欧米ではすでに承認されておりますが、日本においても開発が進められています。具体的には、国内の治験届けがすでに提出されており治験内容が『JRCT(Japan Registry of Clinical Trials):臨床研究実施計画・研究概要公開システム』に掲載されている治験結果に基づいて製薬企業から承認申請がされた場合にはPmda(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)にて審査を行い、薬食審において審議をし、有効性・安全性が確認されれば速やかに薬事承認を行なって参りたいと考えています。」

治験後に大麻由来医薬品が承認された場合には使用できるようにするために大麻取締法の改正を行わざるを得ないのではないかという質問が秋野議員からあり、この質問には佐藤英道 厚生労働省副大臣が「大麻取締法等の改正も視野に入れて迅速に検討を進めて参ります。」と回答しました。

秋野議員の質問及び回答「国会中継 厚生労働委員会(2022/04/26)」

石井 竜馬

麻マガジン創設者兼編集長。海外のヘンプ企業・医療用大麻企業に投資家として関わる。コロナ騒動を機に日本で山暮らし開始。標高1,000mの地で井戸を掘り、湧き水と共に農的暮らし。珈琲焙煎士でもある。ヨガ歴20年。

↓ おひねりお待ちしてます。

Recent Articles

大麻成分CBDA、肥満症に対し有効性を示す

2022年5月17日、CBDA(カンナビジオール酸)が肥満症に対し有効性を示した論文が、イスラエルの研究者らにより公開されました。 近年、世界的に欧米食中心の食生活が広まり、加えて技術進...

CBDが新型コロナ重症化を早期から抑制か

2022年5月16日、CBD(カンナビジオール)を主成分とした大麻抽出物「CBD-X(詳しくは後述)」が新型コロナウイルス感染による重症化を早期から抑制する可能性を示した論文がイスラエルの研...

光線力学的療法(PDT)とCBD

日本人の死因の第一位となっている、がん。 がんの主な治療は手術、化学療法、放射線療法ですが、これらの標準治療には侵襲や副作用がついて回り、高齢者では治療を受けるのが難しい場合があ...